読書のススメ
本を読むことは己を知ること



スポンサードリンク



早乙女 貢

柳生天誅剣 早乙女貢

柳生天誅剣 早乙女貢

江戸時代のある武士の半生である

流石に早乙女さんの本だけに読みやすいのだが、あまりに
出来過ぎている内容のようで、ちょい残念

しかし、たまに読む時代小説としてはいいだろう
気軽な大衆小説だ

早乙女 貢

おれは藤吉郎 早乙女貢

おれは藤吉郎 早乙女貢

どこまでが史実なのだろう?
ま、史実自体が真実とは限らないだろうが・・・

大体の筋は、歴史で習った通りではある
しかし、いつ頃だったか、NHKの大河ドラマで信長の正室の
お濃の方が出ていた

あのドラマでは、いかにもやんちゃな主人を優しく見守る
賢夫人であった

この本ではまるで扱い方が違う

それに、藤吉郎がねねさんと出会う場面があるが
そこになんで前田犬千代(後の前田利家)が登場するんだ?

同様に前田利家を扱った大河ドラマでは、藤吉郎と前田家が
隣同士に住んでいて、お内儀同士も仲良くやってた

おかしい・・・
どっちがホントなんだろ?

早乙女 貢

おれは日吉丸 早乙女貢

おれは日吉丸 早乙女貢

いやぁ、ここまでフィクションで煮詰めると、秀吉が可愛く思える

どこまでが史実で、どこからがフィクションなのか?
さっぱりわからない

それにしても、浮浪児で苦労した日吉丸の機敏さ、頭の回転の良さ
さすがに後の天下人よ、と舌を巻くほどの闊達さ

しかし面白い!
小説ってのは、面白くなきゃ意味ない!

早乙女 貢

戦国秘曲 信玄と女

戦国秘曲 信玄と女

武田信玄と言えば、その名を知らぬ日本人は少ないだろう
悪名名高いのである

下克上を地でいった戦国時代の武将だ
信玄と関わり、その子を宿した女たちも多くいた

非凡の武将ではあるが、生まれた場所が悪かった
まわりをぐるりと敵に囲まれた山間部だ

「人は石垣 人は城」「風林火山」などと後世に名を残すが
常に侵略を続けた男だ

ただひたすらに戦いに明け暮れた一生だった
彼は幸せだったのだろうか?

信玄は言うだろう「余計なお世話だ!」

早乙女 貢

風魔小太郎 早乙女貢

風魔小太郎 早乙女貢

池波正太郎さんを読み慣れると、早乙女さんの本が
しんどく感じる

この小説は、戦国時代の北条氏に仕えた忍者の話である

当時忍者は、どこかの武将に仕えるということはなく
その場限りの仕事をして報酬をもらっていたらしい

ところが、風間家は初代が北条早雲に仕えてからずっと
その禄を食んできた

この本の主人公は4代目であり、特に「風魔」と呼ばれた

折しも秀吉が大軍を率いて関東攻めに乗り出してきた

早乙女さんは、忍者が武士よりも格下であるという風潮に
一矢報いるために執筆されたそうだ

盗人と同じと蔑まれた忍者の中にも、武士よりも高潔な
軍団がいたことを証明された

どこまでが史実なのかは不明だが、風間という忍者軍団が
実在したことは間違いない

人間技とは思えない見事な術が出てくるたびに、現代にはない
爽快感を感じた

×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。