読書のススメ
本を読むことは己を知ること



スポンサードリンク



清水 義範

春高楼の 清水義範

春高楼の 清水義範

時は明治、過ぎ去りし良き時代
って、生まれてないけどさ。。。

青森から上京した青年は、純朴ですなおでカワイイ
現代から見ると、失われた誠実さを具えている男性

東京帝国大学に入り、なんともラッキーな学生生活を
謳歌する青春小説である

しかし、なまるっこい

純粋培養されたお坊ちゃんの感は否めない
もう少し突っ込んだ内容であれば、読み応えも
あろうというもの
軽い、軽すぎる。。。




×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。