読書のススメ
本を読むことは己を知ること



スポンサードリンク



司馬 遼太郎

峠 司馬遼太郎

峠 司馬遼太郎

幕末の越後長岡藩の家老となった河井継之助の半生を
描いた小説である

司馬さんの本は、事実とフィクションを交え面白い
歴史の点と点だったのを線にしてくれる

こういった本を読むと、学生時代の歴史の時間とは
何だったのだろうと情けない

「会津士魂」にも登場した人物なので馴染みはあった

幕末の激動期に、西日本と東日本の違いを見つめ
さらに地球規模で思考出来る貴重な人物だった

悲しいかな、東北の小藩の武士であった
多くの優秀な人材を犠牲にして、明治維新は成った

司馬 遼太郎

最後の将軍 司馬遼太郎

最後の将軍 司馬遼太郎

十五代将軍徳川慶喜である

私は「会津士魂」を読んだせいもあるが、この最後の将軍が
嫌いだ

一言で言うと「ずるい!」

司馬さんは公平な目で書いておられるはずだが、どうしても
批判的に読んでしまう

改めて「ずるい」と思った

水戸家の七男に生まれ、一ツ橋家に養子へ行く

「いやだ、いやだ」と散々ごねて将軍になった男だ
そして何をもってしても、幕府を救うことは出来ない

となると後はひたすら保身しかない
大正時代まで長生きして、趣味に生き子沢山だった

こんな将軍は嫌いだ

司馬 遼太郎

新撰組血風録 司馬遼太郎

新撰組血風録 司馬遼太郎

幕末の混乱の中、厳しい隊律を誇り未だ名を残す新撰組
彼らはいったいどんな人間の集まりだったのだろうか?

一人々に焦点を当て人間くさく表現されている
近藤勇・土方歳三・沖田総司らだけではなく、15人の隊員
たちの苦悩葛藤が司馬さんの名調子で語られている

隊の中での裏切りや死ぬことを恐れての逃げなどは
決して許されない

監察があって隊員たちを見張り、疑われた者は私刑だ
幕末当時の志士たちとの戦いで死んだ者よりも
もしかして、隊の罰として私刑された者の方が多いのでは
あるまいか?

それだけに強い連帯感を持ち、死なばもろともの世界だ
一時は百人を超す団体だったが、明治維新後も生き延びた
人々もいる

現代人からは想像も尽かない戒律の厳しい軍団だった


司馬 遼太郎

俄 司馬遼太郎

俄 司馬遼太郎

浪華遊侠伝という副題が付いていて
遊侠とはまさにこの人物を言うのだろう

俄(にわか)とは、大阪の路上での即興芝居
という意味だそうな

司馬さんの本はどれも面白くて夢中で読むが
一つだけ難点を上げるとすれば、書き出し部分で
結果=つまりこの人物はこうなる、ということを
書いてしまってることだと思う

それさえなければ、最期までおもしろおかしく
楽しめる物語じゃなかろうか

読みながら何度も吹き出すところもあり
作者が書いてる通り「ホンマ、アホなやっちゃ」
と納得しつつも、アホはアホでも筋が通ってる
というか、一途というか、感心してしまう

司馬さんの書く本はどれも、立身出世していく
人物を主人公においてるが、この「俄」の場合
立身出世というのだろうか???

しかし、我が身だけを資本に生きていった姿は
そんじょそこらのアホには真似できまへん。。。



司馬 遼太郎

菜の花の沖 司馬遼太郎

菜の花の沖 司馬遼太郎

江戸時代後期、淡路島で生まれた高田屋嘉兵衛が
悲惨な境遇から海の男となり、北海道までの海路を
開いていく

高田屋嘉兵衛は男でござる
それを地でゆく波乱の一生を、人情味豊かに
書かれてある

司馬さんはきっと、自分自身が惚れた人物を
題材にされたのだろう

長い物語の中には、高田屋嘉兵衛への愛情が
そこここで感じられる





×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。