読書のススメ
本を読むことは己を知ること



スポンサードリンク



モンゴメリ

赤毛のアン モンゴメリ

赤毛のアン
モンゴメリ 作

初めて読んだのは、小学生の頃
ご他聞にもれず、女の子必須の夢見る少女だった私は、同じように夢見る少女を
本の中に発見して、感激のあまり、PEIってどこよ? と・・・

PEI : プリンスエドワード島 の略

うん十年後に訪ねることが出来たのでした  ^^

2008年は、モンゴメリの赤毛のアン初版が出てから、ちょうど100年
PEIでは、様々なイベントもあった模様 (行ってないから詳しくは知らない)

みなしごだったアンが、マシューとマリラに引き取られて
アヴォンリーの村で引き起こす騒動の数々

敬虔なクリスチャンであり、女王陛下の国であることが誇りの村人たち
豊かな自然に恵まれ、ちょっと変わった女の子は、伸び伸びと育っていき

やがて、少女から大人へと

赤毛のアンには、続きがあるんですよ、知ってました?


モンゴメリ

アンの愛情 モンゴメリ

アンの愛情
モンゴメリ 作

読む本がなくなった時に読む「赤毛のアン」
第三「アンの愛情」

レドモンド大学4年間のアンの学生時代がおもな内容になってて、何度も読み返しているので、ストーリーは頭の中に入ってる

それでもなお読みたい本が「赤毛のアン」
読み始めると、すぐに私はキングスポートのレドモンド学生になってしまう

本当にいい本は、何度読んでも飽きない
そんな本を何冊か持っていたら、人生はバラ色と思えてしまう





×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。