読書のススメ
本を読むことは己を知ること



スポンサードリンク



諸田 玲子

幽恋船 諸田玲子

幽恋船 諸田玲子

つまんなかった

時代小説に飽きたのかな?

時代小説と歴史小説とどう違うのだろう?
歴史上の人物を描けば、それは歴史小説なのかな?

まったくのフィクションであれば、時代小説なのか?

と定義してみると、どうやら歴史小説の方が面白いと
私は感じる

諸田 玲子

黒船悲恋 諸田玲子

黒船悲恋 諸田玲子

武家の女子というものはこうもぐじぐじ思い患うものか
先に読んだ本が、すっきりちゃっきりしてたので、余計
そう感じる

諸田さんの著作にしては、うじうじとはっきりしない女性が
主人公だった

うーん、もっと歴史物っぽいのがいいな

諸田 玲子

こんちき 諸田玲子

こんちき 諸田玲子

軽くて適度に色っぽい部分もある時代小説だ

諸田さんには、家康の若い頃の本などもあり
硬いのと柔らかいのと両方あるな。。。

でもこの本の中身は多分すぐ忘れる ^^

諸田 玲子

山流し、さればこそ 諸田玲子

山流し、さればこそ 諸田玲子

甲府といえば、武田信玄のお膝元というイメージがある
しかし、江戸時代には甲府へ派遣されることは左遷だったそうだ

身に覚えのない讒言で甲府へ出向させられたある武士の生き方の
物語である

甲府、山梨、甲州は、山に囲まれた盆地である
だからこそ「山流し」と呼ばれた左遷のことだ

徳川家康という武将は、我慢に我慢を重ねてやっと将軍になった
だからこそ、自分の子孫たちには完璧な体制を作ったのだろう

しかし、戦さのない武士は官僚に成り下がり、ひたすら我家の
無事を祈り汲々として生きるばかりだった

世襲制という体制が崩れていく時、島国日本に住む彼らの
ジコチューが拍車をかけた

現代に生きる者だからわかることだが、今も昔も人の生き方に
そう違いがあるわけでもない

何を目標として生きていくか?
簡単にわかれば苦労はない。。。

諸田さんらしからぬ本だった

諸田 玲子

木もれ陽の街で 諸田玲子

木もれ陽の街で 諸田玲子

めずらしく現代ものである
といっても、戦後間もなくの昭和26年当時が背景

その頃の若い女性はこんなに控え目な大和なでしこ
だったのか、と再確認できる小説である

現代からすると、そのあいまいさ、優柔不断さに
かなりイライラしてしまう

嫁き遅れなどという言葉が生きてた時代である
23、24くらいでもうそんな心配をするんだと
改めて驚く

作者は、向田邦子さんを尊敬しているそうで
近づこうという思いのある内容なのかな?

でも、ひたすら我慢して読んだ
今の時代には向かない。。。



×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。