読書のススメ
本を読むことは己を知ること



スポンサードリンク



安部 龍太郎

恋七夜 安部龍太郎

恋七夜 安部龍太郎

秀吉が九州を平定し、京の北野で催した大茶会がある
それは史実だ

しかし、この本に書かれてあることのどこまでが
フィクションなのかはよくわからない

安部さんの本は何冊か読んだが、安部さんぽくない
という読後感がある

前に読んだ義経の本なんかは、しつこいくらい当時の
出来事にこだわり徹底的にリアルだったのに比べ
この本は、まあ恋愛も関わってくるからか、かなり
シンプルな構成だ

読みやすいけど、物足りない。。。

安部 龍太郎

浄土の帝 安部龍太郎

浄土の帝 安部龍太郎

藤原氏時代の傀儡となった天皇とはまったく違う

平清盛を手玉に取り、源義経をこきつかい
頼朝と丁々発止とやりあったのが、後白河天皇

なるべくして天皇になり、波乱万丈の一生だった

しかし、彼には彼なりの理想とする世があり
そのためには手段を選ばず、犠牲となった者も
多かった

多分にフィクションも含まれてるとは思うが
日本史に興味のある人には面白い本だろう

ミカドと呼べる最後の天皇ではなかっただろうか



安部 龍太郎

天馬翔ける 安部龍太郎

天馬翔る

安部 龍太郎 作

ちょっと難しいというか、複雑というか、深いというか
安部さんの本は、かなり細かいところまで、忠実に書いてあって、ややうざいと
感じる人もいるかもしれない

源義経と源頼朝、兄弟の相克がメインテーマとなっている

日本人の判官びいきは有名だけど、ちょっとそこまで誉めるかぁ?
というくらい、義経に肩入れしてる感じの内容です

「天馬翔る」の前編にあたるのが「浄土の帝」
こっちはまたややこしいんです

登場人物が多いし、婚姻関係も複雑
どちらの本にも登場するのが、後白河帝と平清盛

平安末期の公家から武士へと変わっていくさまが、細かく書かれている

かなりの長編になるけど、宮尾登美子氏の「平家物語」も読めば
内容が重なっているので、比較しやすい

じっくりと腰をすえて読みたい本です



×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。