読書のススメ
本を読むことは己を知ること



スポンサードリンク



ダレン・シャン

ダレン・シャン

ダレン・シャン

ある小説の解説に、ファンタジーとして紹介されてたので読んでみた

児童文学とは思えない長編で、しかも人が次々に死んでいく
こんな内容で児童文学ってアリか?

でも、一気に読ませる面白さはあった
小学校高学年くらいの男の子ならば、夢中になるだろう

バンパイヤとは、狼男のことだとずっと思ってた
手塚治虫氏の造語で、日本では狼男なのだが、この本では違う

主人公の少年の波乱万丈の半生だ
彼は、どのような状況になろうと決して諦めない
果敢に挑戦を繰り返す、血を流しながらも

読み出すと止まらない
子どもの頃に読んだ「奇巌城」を思い出した



×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。