読書のススメ
本を読むことは己を知ること



スポンサードリンク



邦光 史郎

黄昏の卑弥呼 邦光 史郎

黄昏の卑弥呼 邦光 史郎

古代の一大スペクタクルである

古代史はまだまだ不明な点も多く様々な学説があるようだ
それらで小説を書けば、いったいどのくらいの小説が
出来上がるのがわからない

古事記などと食い違う点もあるが、この本のような視点も
アリかと面白く読める


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。