読書のススメ
本を読むことは己を知ること



スポンサードリンク



J.R.R.トールキン

指輪物語 J・R・R・トールキン

指輪物語 J・R・R・トールキン

素晴らしいファンタジーだった
今風に言えば、RPGになるのかな?

映画「ロードオブザリング」の原作だそうだ
そうとは知らずに読んで、映画も観たくなった

神話と位置付けてよいのかどうかはわからないが、まるで
紀元前の時代のように感じた

小人物語といってもいいだろう
陽気で丈夫で大飯喰らいのホビットたちが、壮大な旅をする

エルフやドワーフや心正しい魔法使い、そして人間たちと共に
暗黒の世界を支配する指輪を持って、冒険が繰り広げられる

この物語の前々作になる「ホビットの冒険」を読んでおくと
あらすじが理解しやすいのでおすすめしたい

また、数多くのカタカナ地名や人名に苦労したが
下記の地図は非常に参考になった

http://www33.ocn.ne.jp/~papygallery/

全9巻あるのでかなりの長編である
それだけに読み応えがあり、実に面白かった
以前に読んだ「ホビットの冒険」とは訳者が違うのか?
それとも今回のは文庫で読んだから大人用なのか?
こっちの方が断然いい!
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/236255835
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。
この記事へのトラックバック

×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。