読書のススメ
本を読むことは己を知ること



スポンサードリンク



C.S.ルイス

ナルニア国物語 C.S.ルイス

ナルニア国物語 C.S.ルイス

1巻「ライオンと魔女」から5巻「馬と少年」まで読んだ

読みながらかなりイライラしてしまった
作者の(・・だけれども)という表現がうざい

訳者もどうにか出来なかったのかと苛立ったままで読んだ

ファンタジーと呼ぶにはあまりにも作者の低レベルな人の
好き嫌いが露出されてないか?

ストーリー展開にも雑さが目立つ

本として活字で読むよりも、映像にするべき作品だろう
そうすれば脚色されて映像の鮮やかさなどでごまかせただろう

本としてはいただけないと私は感じた
とても後の6巻7巻まで読む気にはなれなかった
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/236255258
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。
この記事へのトラックバック

×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。