読書のススメ
本を読むことは己を知ること



スポンサードリンク



アーシュラ・クローバー・ル=グウィン

ゲド戦記

ゲド戦記

読み終わった後で、ジブリの映画の原作と知った

長い長い長編だった

想像と違っていて、いわゆる冒険活劇ではない

誤解を恐れず言えば、ゲドは魔法使いだ
彼は静かな男で勇敢で最後まで諦めない男だった

少年時代から初老期までのゲドの人生は、古代とはいえ
人類の未来にかかわるように感じれらた

児童文学とは思えないほど深い内容だった

我々人類は、太古からどのように進化してきたか?

現代に生きる我々が歴史で学んだことだけでも多くの
間違いがあった

間違いに気付いている人々もいるが、どうやって糺すのかは
わからないでいる

しかし、こういう本を読んでときには思いを新たにするのも
いいのではないか?

人類は、地球は、滅亡に向かっているのだろうかと・・・
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバック

×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。