読書のススメ
本を読むことは己を知ること



スポンサードリンク



新堂冬樹

底なし沼 新堂冬樹

底なし沼 新堂冬樹

新堂さんの本は久々だが、こういうハードボイルドも
あったのかと目からうろこ状態で読んだ

読み出すと止まらない

ほとんどヤクザと言ってもいい堅気の男が、本物のヤクザと
戦う

「眠り猫」を彷彿とさせる男の体を張った生き方がいい
誰にも頼らず自力で解決の糸口を探る

こういう男はもういないんじゃないか?
「ミナミの帝王」に近い印象だ

「ミナミの帝王」は観たことないけれど ^^

小説の書き方は知らないが、次の段落に入った時に飛んでることが
多い

しかし、新堂さんの本は、きっちりと続いてるのが読みやすいと感じた
たいがいの本は、次の段落を多少なりとも読まないと続きが
はっきりしないものだが、この本はすんなり次に続くのがいい


この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバック

×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。