読書のススメ
本を読むことは己を知ること



スポンサードリンク



童門 冬二

明治天皇の生涯 下 童門冬二

明治天皇の生涯 下 童門冬二

読む前に予想していた内容とはまったく違っていた

人間としての明治天皇とはどういう人だったのだろう?
そんな疑問を解消してくれると期待していたが
結局、雲の上の人であり、詳細は不明のままだ

西南の役で西郷隆盛を悼んだこと、日露戦争で野木大将を
慈しんだことくらいしかわからない

傀儡に過ぎなかったと言えば、暴論だろうか?

♪ いちれつらんぱん破裂して
  日露戦争が始まった
  サッサと逃げるはロシアの兵
  死んでも尽くすは日本の兵
  五万の兵を引き連れて
  六人残して皆殺し
  七月十日の戦いに
  ハルピンまでも攻め寄せて
  クロパトキンが降参し
  東郷元帥万々歳




この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバック

×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。