読書のススメ
本を読むことは己を知ること



スポンサードリンク



天童 荒太

悼む人 天童荒太

悼む人 天童荒太

天童さんの本は、重い、暗い、泣ける
正直、あまり読みたくない作家だと感じる
決してのんびり軽く読める大衆娯楽小説ではない

しかし、読み出した一行目から胸に落ちてくる
スッと頭に入ってくる
それが不思議。。。

誰を愛し、誰に愛され、誰に感謝されたか?

自分自身に置き換えて読みながら考える
読みながら、やっぱり泣く
泣きながらも読まずにはいられない





この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバック

×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。