読書のススメ
本を読むことは己を知ること



スポンサードリンク



鳥羽 亮

孫六の宝 はぐれ長屋の用心棒 鳥羽亮

孫六の宝 はぐれ長屋の用心棒 鳥羽亮

剣客ものというか人情ものというか、好きな部類の
時代小説なので続けて読んでます

都会のマンションとはまったく違った近所づきあいの
江戸時代の長屋は、ウザイと感じる人も多いだろう

うん、実際住んだらウザイだろう。。。

ま、だからこそ、本の中で読んでみるのもいいんじゃ
ないかしら・・・? などとほざいてみる  ^^

文庫本の表紙絵が、まず気になった
見たところ道場のようだし、なのに真剣で切りあってるし
武家が見物してるし

おかしいんじゃない!? と
最後の最後にそのわけがわかる





この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバック

×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。