読書のススメ
本を読むことは己を知ること



スポンサードリンク



北川 悦吏子

君といた夏 北川悦吏子

君といた夏 北川悦吏子

北川さんの本はTVドラマになってるのが多い
それは全然知らずに、なんの先入観もなく読んだ

他の著作でもそうだが、元気のいい女性と
優柔不断で優しい男性の登場

三角関係かと思えば、片思いだったり
失恋したかと思えば、横恋慕だったり

とにかく、くっついたり離れたりが忙しい

優柔不断と優しさは、別もんだよ、と言いたい
いや、作者だってそれはわかってるだろう

それがわからずに、オロオロするのが現代女性か?
まあ、退屈せずに読める本ではある





この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバック

×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。