読書のススメ
本を読むことは己を知ること



スポンサードリンク



田辺 聖子

蜻蛉日記をご一緒に 田辺聖子

蜻蛉日記をご一緒に 田辺聖子

この本はちょっと変わってまして、田辺さんが市民教室
みたいな講義を開かれて、それをもとにしたものです

なので、会話口調で読みやすく、話題が飛んだりするのも
現場でのことなので面白く、一般書籍とは違う醍醐味が
あります

蜻蛉日記は、田辺さんに言わせると
「夫に愛されることの薄かった妻の恨みつらみの結晶」
らしいんですね

夫は、かの貴族藤原兼家
しかも当時は、通い婚ですから、あちらの妻、こちらの妻
当然、そのうちの一人の妻に過ぎない筆者は、もう
嫉妬とプライドの板ばさみで、胸中はりさけんばかり

 嘆きつつ 独り寝る夜のあくる間は
   いかに久しきものとかは知る





この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバック

×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。