読書のススメ
本を読むことは己を知ること



スポンサードリンク



高橋 義夫

艶福地獄 花輪大八湯守り日記 高橋義夫

高橋義夫 作
艶福地獄 花輪大八湯守り日記 

これもシリーズもので、武家なのに
山深い温泉で湯守りとなった大八のお話

高橋さんは、もしかして大柄な男性が
好みなのかなと思ってしまう

高橋さんの小説のいくつかの主人公は
みな六尺を超える大男が多いからだ

大男なのに、敏捷に立ち回る
それでいて、ウブ ^^





この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバック

×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。